全国のおすすめ脱毛サロンを都道府県別に紹介

脱毛サロン店舗掲載:959

脱毛サロンと医療機関、クリニックの違いについて

近年、女性の中で脱毛がより手軽となっています。というのも脱毛サロンや脱毛エステ、脱毛ラボやクリニックといった医療機関等、脱毛を専門に扱う店舗や脱毛機器の進化により値段が安く脱毛を行うことができるようになりました。

一昔前までは、お金持ちの女性かよっぽど毛を気にする方か剛毛の女性じゃないと脱毛を行うことはできないくらい、値段が高く、敷居が高かったのです。

では、今現在様々な脱毛サロンができた中、医療機関との違いはあるのでしょうか?

・脱毛方法から出る脱毛サロンと医療機関の違い

まず、脱毛方法が大まかに分けて三種類存在します。
一つはレーザー脱毛、これは高熱のレーザー粒子を使い、髪の組織であるメラミン色素を破壊して脱毛する方法です。「全身脱毛にも有効に脱毛することができて、現代の脱毛方法としては最もポピュラーな脱毛だと考えられています。
しかし、レーザー脱毛を施術することができるのは医師が存在する医療機関のみで使用することができます。
レーザー脱毛を行う際に使用するレーザー機器があまりに強力なため、医療機関以外での使用は禁止されています。
そのため強力なレーザー脱毛では施術中に痛みを感じることもあり、肌にダメージを与えることもあります。

次に光脱毛、こちらもレーザー脱毛同様メラミン色素の組織に反応して発毛を抑える脱毛方法です。あくまで光脱毛は光の力が弱く、発毛を抑えることしかできませんが、脱毛サロンではメインに使われている脱毛機器で肌にも優しく、また脱毛サロンではアフターサービスを提供することで脱毛以外での美肌ケアなどを行うこともできます。
医療機関でも使用しているところもありますが、基本的に光脱毛は脱毛サロンや脱毛ラボといった医療機関以外の脱毛専門店で取り扱われています。

最後にニードル脱毛、こちらはニードルを肌直接刺して、そのニードルから電流を流して毛の毛根から破壊して脱毛を行う方法です。
完全脱毛という面では一番効果的で一昔前ではメジャーな脱毛方法でした。しかしニードル脱毛では針を一本一本指していく手間で時間がかかるのと針一本一本のコストが高いため、料金が高くなってしまう傾向にありました。
ニードル脱毛では医療機関、脱毛サロン、両方とも取り扱われていますが、時間とコストの面で取り扱いをやめている店舗も少なくありません。

脱毛方法によって医療機関や脱毛サロンを使い分けて、より肌にも優しい脱毛を行っていきたいものですね。

脱毛サロン比較ビズTOPへ

kireimo
脱毛サロン名などで検索できます。